危険物取扱者ナビ

危険物取扱者、消防設備士、毒物劇物取扱者、衛生管理者向けテキスト、問題を配信

第4類

動植物油類 過去問題⑤

問題 動植物油類の自然発火について、次のうち誤っているものはどれか。 ヨウ素価が大きいものほど、自然発火しやすい。 引火点が高いものほど、自然発火しやすい。 貯蔵中は、換気をよくするほど、自然発火しにくい。 発生する熱が蓄積しやすい状態にあるほ…

動植物油類 過去問題④

問題 動植物油の中には自然発火を起こすものがあるが、最も自然発火を起こしやすいものは、次のうちどれか。 動植物油の入った容器にふたをしておかなかったとき。 容器に入った動植物油を湿気の多いところに貯蔵したとき。 容器からこぼれた動植物油が染み…

動植物油類 過去問題③

問題 次の危険物のうち、ぼろ布等の繊維に染み込ませて放置すると、状況によって自然発火を起こす可能性のあるものはどれか。 ベンゼン 灯油 軽油 エタノール 動植物油 // 答え 5 解説 1 ⭕️✖️ 2 ⭕️✖️ 3 ⭕️✖️ 4 ⭕️✖️ 5 ⭕️✖️ // テキスト

動植物油類 過去問題②

問題 動植物油の中で乾性油などは、自然発火することがあるが、次のうち最も自然発火を起こしやすい状態にあるものはどれか。 種々の動植物油が同一場所に大量に貯蔵されている。 水が混入したものが屋外に貯蔵されている。 ガラス製容器に入ったものが長時…

動植物油類 過去問題①

問題 動植物油類について、次のうち誤っているものはどれか。 水に溶けない。 引火点は、300℃程度である。 容器の中で燃焼しているものに注水すると、燃えている油が飛散する。 引火点以上に熱すると、火花等による引火の危険性を生じる。 乾性油は、ぼろ布…

第4石油類 過去問題①

問題 第4石油類について、次のうち誤っているものはどれか。 引火点は、第1石油類より低い。 粉末消化剤の放射による消化は、有効である。 一般に水より軽い。 常温(20℃)では蒸発しにくい。 潤滑油、切削湯の中に該当するものが多くみられる。 // 答え 1 …

第3石油類 過去問題④

問題 グリセリンの性状として、次のうち誤っているものはどれか。 エーテル、ベンゼンには溶けにくい。 吸湿性を有している。 比重は、水より大きい。 2価のアルコールで、刺激臭のある無色の液体である。 引火点は、100℃以上である。 // 答え 4 解説 1 ⭕️✖️…

第3石油類 過去問題③

問題 グリセリンの性状として、次のうち誤っているものはどれか。 比重は水よりも小さい。 火薬の原料になる。 水には溶けるが、エーテルには溶けにくい。 蒸気は空気より重い。 引火点は常温(20℃)より高い。 // 答え 1 解説 1 ⭕️✖️ 2 ⭕️✖️ 3 ⭕️✖️ 4 ⭕️✖️ …

第3石油類 過去問題②

問題 重油の一般的性状について、次のうち誤っているものはどれか。 日本工業規格では、1種(A重油)、2種(B重油)および3種(C重油)に分類されている。 発火点は、100℃より高い。 3種(C重油)の引火点は、70℃以上である。 水に溶けない。 水より重い。 /…

第3石油類 過去問題①

問題 重油の性状について、次のうち誤っているものはどれか。 発火点は70〜150℃である。 種類により引火点は若干異なる。 不純物として含まれている硫黄は、燃えると亜硫酸ガスになる。 褐色または暗褐色の液体である。 種々の炭化水素の混合物である。 // …

第2石油類 過去問題⑨

問題 アクリル酸の性状について、次のうち誤っているものはどれか。 重合しやすいので、市販されているものには重合防止剤が含まれている。 重合しやすいが、重合熱は極めて小さいので、発火・爆発のおそれはない。 酢酸のような刺激臭のある無色の液体であ…

第2石油類 過去問題⑧

問題 酢酸の性状について、次のうち誤っているものはどれか。 蒸気は空気より重い。 有機溶媒に溶けない。 無色透明の液体である。 水溶液は腐食性を有している。 刺激性の臭気を有している。 // 答え 2 解説 1 ⭕️✖️ 2 ⭕️✖️ 3 ⭕️✖️ 4 ⭕️✖️ 5 ⭕️✖️ // テキスト

第2石油類 過去問題⑦

問題 酢酸の性状について、次のうち正しいものはどれか。 蒸気は空気より軽い。 強い腐食性がある有機酸である。 引火点は、常温(20℃)より低い。 無色無臭の液体である。 水には任意の割合で溶解するが、アルコール、エーテルには溶けない。 // 答え 2 解…

第2石油類 過去問題⑥

問題 n-ブタノール(n-ブチルアルコール)の性状について、次のうち誤っているものはどれか。 水より軽い。 各種有機溶媒によく溶ける。 無臭で、-10℃では固体である。 無色透明の液体である。 異性体が存在する。 // 答え 3 解説 1 ⭕️✖️ 2 ⭕️✖️ 3 ⭕️✖️ 4 ⭕️…

第2石油類 過去問題⑤

問題 軽油の性状について、次のうち誤っているものはどれか。 水より軽く、水に不溶である。 沸点は、水より高い。 ディーゼル機関の燃料に用いられる。 引火点は、40℃以下である。 酸化剤と混合すると、発熱・爆発のおそれがある。 // 答え 4 解説 1 ⭕️✖️ 2…

第2石油類 過去問題④

問題 軽油の性状について、次のうち誤っているものはどれか。 沸点は水より低い。 引火点は45℃以上である。 炭化水素の混合物である。 酸化剤と混合すると、発火・爆発の恐れがある。 特有の臭気を有する液体である。 // 答え 1 解説 1 ⭕️✖️ 2 ⭕️✖️ 3 ⭕️✖️ 4…

第2石油類 過去問題③

問題 灯油の性状について、次のうち誤っているものはどれか。 水に溶けない。 水より軽い。 霧状にしたものは、火がつきやすい。 電気の導体である。 引火点は40℃以上である。 // 答え 4 解説 1 ⭕️✖️ 2 ⭕️✖️ 3 ⭕️✖️ 4 ⭕️✖️ 5 ⭕️✖️ // テキスト

第2石油類 過去問題②

問題 灯油の性状等について、次のうち誤っているものはどれか。 液温を引火点以上に加熱すると、引火危険がある。 揮発性が強いので、ガス抜き口を設けた貯蔵容器を用いる必要がある。 霧状になって空気中に浮遊すると、火がつきやすい。 電気の不導体で、流…

第2石油類 過去問題①

問題 第2石油類について、次のうち正しいものはどれか。 一般に静電気は発生しにくい。 重油およびギヤー油は、第2石油類に属する。 すべて引火点は、31℃以上である。 すべて原油を分留して得られ、水に溶けない。 霧状のときは火がつきやすい。 // 答え 5 …

アルコール類 過去問題②

問題 第4類のアルコール類に共通する性状について、次のうち誤っているものはどれか。 特有の芳香を有する。 水と任意の割合で溶ける。 無色透明の液体である。 蒸気は空気より重い。 沸点は水より高い。 // 答え 5 解説 1 ⭕️✖️ 2 ⭕️✖️ 3 ⭕️✖️ 4 ⭕️✖️ 5 ⭕️✖️…

アルコール類 過去問題①

問題 メタノールとエタノールに共通する性状について、次のうち誤っているものはどれか。 発生する蒸気は空気より重い。 水より軽い液体である。 引火点は灯油よりも低い。 沸点は100℃である。 水とどんな割合でも溶け合う。 // 答え 4 解説 1 ⭕️✖️ 2 ⭕️✖️ 3…

第1石油類 過去問題⑤

問題 トルエンの性状等について、次のうち誤っているものはどれか。 水に溶けにくい。 無色透明の液体である。 特有の芳香がある。 濃硝酸と濃硫酸の混酸と反応させると、トリニトロトルエンを生成することがある。 引火点は常温(20℃)以上である。 // 答え…

第1石油類 過去問題④

問題 ベンゼンとトルエンの性状について、次のうち誤っているものはどれか。 いずれも無色の液体で水より軽い。 いずれも芳香族炭化水素である。 いずれも引火点は常温(20℃)より低い。 トルエンは水に溶けないが、ベンゼンは水によく溶ける。 蒸気はいずれ…

第1石油類 過去問題③

問題 ベンゼンの性状について、次のうち誤っているものはどれか。 水によく溶ける。 揮発性があり、蒸気は空気より重い。 アルコール、ヘキサン等の有機溶媒に溶ける。 無色透明の液体である。 特有の芳香を有している。 // 答え 1 解説 1 ⭕️✖️ 2 ⭕️✖️ 3 ⭕️✖…

第1石油類 過去問題②

問題 ベンゼンの性状について、次のうち誤っているものはどれか。 引火点は、常温(20℃)より低い。 発生する蒸気の毒性が強い。 水と反応して発熱する。 流動により静電気が発生しやすい。 発生する蒸気は、空気より重い。 // 答え 3 解説 1 ⭕️✖️ 2 ⭕️✖️ 3 …

第1石油類 過去問題①

問題 自動車ガソリンの一般的性状について、次のうち正しいものはどれか。 蒸気の比重(空気=1)は、5以上である。 燃焼範囲の下限値は、5vol%以上である。 液体の比重は、1以上である。 発火点は、250℃以下である。 引火点は、-40℃以下である。 // 答え 5 …

特殊引火物 過去問題①

問題 ジエチルエーテルの性状について、次のうち誤っているものはどれか。 蒸気は空気より重い。 引火点が極めて低く、かつ、燃焼範囲も極めて広い。 電気の導体であり、流動等によっても静電気が発生しにくい。 沸点が極めて低い。 水より軽く、水にわずか…

事故事例・対策 過去問題⑧

問題 危険物を散り扱う地下埋設配管(鋼管)が腐食して危険物が漏えいする事故が発生している。この腐食の原因として妥当でないものは次のうちどれか。 配管を埋設する際、海砂を使用した。 配管にタールエポキシ樹脂をコーディングした。 配管を埋設した場…

事故事例・対策 過去問題⑦

問題 「顧客に自ら給油等をさせる給油取扱所(セルフスタンド)において、給油を行おうとして自動車燃料タンクの給油口キャップを緩めた際に、噴出したガソリン蒸気に静電気放電により引火して火災となった。」 このような静電気事故を防止するための給油取…

事故事例・対策 過去問題⑥

問題 油槽所から河川の水面に、非水溶性の引火性液体が流出している場合の処置について、次のうちから適切でないものはどれか。 引き続く河川への引火性液体の流出を防止するとともに、火災の発生に備え消火作業の準備をする。 オイルフェンスを周囲に張りめ…