危険物取扱者ナビ

危険物取扱者、消防設備士、毒物劇物取扱者、衛生管理者向けテキスト、問題を配信

2016-10-10から1日間の記事一覧

衛生管理者 H28春 問10

問題 年次有給休暇(以下「休暇」という。)に関する次の記述のうち、労働基準法上、正しいものはどれか。 週所定労働時間が30時間以上で、雇入れの日から起算して6年6か月以上継続勤務し、直近の1年間に、全労働日の8割以上出勤した労働者には、15日の休暇…

衛生管理者 H28春 問9

問題 1か月単位の変形労働時間制に関する次の記述のうち、労働基準法上、誤っているものはどれか。 ただし、常時使用する労働者数が10人以上の規模の事業場の場合とし、「労使協定」とは、「労働者の過半数で組織する労働組合(その労働組合がない場合は労働…

衛生管理者 H28春 問8

問題 事務室の設備の点検に関する次の記述のうち、法令上、誤っているものはどれか。 照明設備について、6か月以内ごとに1回、定期に、点検しなければならない。 機械による換気のための設備について、6か月以内ごとに1回、定期に、異常の有無を点検しなけれ…

衛生管理者 H28春 問7

問題 事業場の建築物、施設等に関する措置について、労働安全衛生規則の衛生基準に違反しているものは次のうちどれか。 60人の労働者を常時就業させている屋内作業場の気積が、設備の占める容積及び床面から3mを超える高さにある空間を除き600m3となっている…

衛生管理者 H28春 問6

問題 雇入れ時の安全衛生教育(以下「教育」という。)に関する次の記述のうち、法令上、誤っているものはどれか。 金融業の事業場では、「事故時等における応急措置及び退避に関すること」についての教育を省略することはできない。 医療業の事業場では、「…

衛生管理者 H28春 問5

問題 労働時間の状況等が一定の要件に該当する労働者に対して、法令により実施することが義務付けられている医師による面接指導に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 面接指導の対象となる労働者の要件は、原則として、休憩時間を除き、1週間当たり…

衛生管理者 H28春 問4

問題 労働安全衛生規則に基づく次の定期健康診断項目のうち、厚生労働大臣が定める基準に基づき、医師が必要でないと認めるときは、省略することができる項目に該当しないものはどれか。 血糖検査 心電図検査 肝機能検査 血中脂質検査 尿検査 // 答え ⑸ 解説…

衛生管理者 H28春 問3

問題 衛生委員会に関する次の記述のうち、法令上、誤っているものはどれか。 衛生委員会は、業種にかかわらず、常時50人以上の労働者を使用する事業場において設置しなければならない。 衛生委員会の議長は、原則として、総括安全衛生管理者又は総括安全衛生…

衛生管理者 H28春 問2

問題 衛生管理者に関する次の記述のうち、法令上、誤っているものはどれか。 事業者は、衛生管理者に、労働者の危険又は健康障害を防止するための措置に関すること等の業務のうち衛生に係る技術的事項を管理させなければならない。 事業者は、衛生管理者に対…

衛生管理者 H28春 問1

問題 事業場の衛生管理体制に関する次の記述のうち、法令上、誤っているものはどれか。 常時300人以上の労働者を使用する各種商品小売業の事業場では、総括安全衛生管理者を選任しなければならない。 常時1,000人を超え2,000人以下の労働者を使用する事業場…