読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

危険物・消防・毒物・衛生ナビ

危険物取扱者、消防設備士、毒物劇物取扱者、衛生管理者向けテキスト、問題を配信

衛生管理者 H28春 問44

衛生管理者 過去問題 労働衛生(有害業務)

問題

 作業環境における騒音及びそれによる健康障害に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

騒音性難聴は、騒音により内耳の前庭や半規管の機能に障害を受けたことにより生じる。
騒音性難聴は、初期には気付かないことが多く、また、治りにくいという特徴がある。
騒音レベルの測定は、通常、騒音計の周波数補正回路のA特性で行い、その大きさはdB(A)で表示する。
騒音性難聴の初期に認められる4,000Hz付近の音から始まる聴力低下の型をc5dipという。
等価騒音レベルは、時間的に変動する騒音レベルのエネルギー的な平均値を表す量で、変動する騒音に対する人間の生理・心理的反応とよく対応している。

 

答え

      ⑴

解説

✖️ 騒音性難聴は、内耳の蝸牛にある有毛細胞が障害を受けることにより発生します。
⭕️  
⭕️  
⭕️  
⭕️  

 

関連情報