読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

危険物・消防・毒物・衛生ナビ

危険物取扱者、消防設備士、毒物劇物取扱者、衛生管理者向けテキスト、問題を配信

衛生管理者 H28春 問31

衛生管理者 過去問題 関係法令(有害業務)

問題

 常時800人の労働者を使用する製造業の事業場の有害業務及び衛生管理者の選任の状況は、次の①及び②のとおりである。
 この事業場の衛生管理者の選任についての法令違反の状況に関する⑴~⑸の記述のうち、正しいものはどれか。

①有害業務の状況
 製造工程において著しく寒冷な場所における業務に常時20人従事しているが、他に有害業務はない。

②衛生管理者の選任の状況
 選任している衛生管理者数は3人である。
 このうち1人は、この事業場に専属でない労働衛生コンサルタントで、衛生工学衛生管理者免許を有していない。
 他の2人は、この事業場に専属で、共に衛生管理者としての業務以外の業務を兼任しており、また、第一種衛生管理者免許を有しているが、衛生工学衛生管理者免許を有していない。

衛生管理者の選任について違反はない。
選任している衛生管理者数が少ないことが違反である。
衛生管理者として選任している労働衛生コンサルタントがこの事業場に専属でないことが違反である。
衛生工学衛生管理者免許を有する者のうちから選任した衛生管理者が1人もいないことが違反である。
専任の衛生管理者が1人もいないことが違反である。

 

答え

      ⑴

解説

⭕️  
✖️ 常時800人の労働者を使用する事業場では、3人以上の衛生管理者を選任する必要があります。
✖️ 2人以上の衛生管理者を選任すべき事業場では、1人はその事業場に専属でない労働衛生コンサルタントを衛生管理者にできます。
✖️ 常時500人を超える労働者を使用する事業場で、多量の高熱物体を取り扱う業務などに常時30人以上の労働者を従事させる事業場では、衛生管理者のうち1人を、衛生工学衛生管理者免許を受けた者のうちから選任する必要があります。
✖️ 常時500人を超える労働者を使用する事業場で、著しく寒冷な場所における業務などに常時30人以上の労働者を従事させる事業場では、衛生管理者のうち少なくとも1人を、専任の衛生管理者として選任する必要があります。

 

関連情報