読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

危険物・消防・毒物・衛生ナビ

危険物取扱者、消防設備士、毒物劇物取扱者、衛生管理者向けテキスト、問題を配信

衛生管理者 H28春 問16

問題

 在籍労働者数が60人の事業場において、在籍労働者の年間の延べ所定労働日数が14,400日、延べ実労働時間数が101,300時間であり、同期間の疾病休業件数が23件、疾病休業延べ日数が240日である。このときの疾病休業日数率及び病休件数年千人率の概算値の組合せとして、適切なものは次のうちどれか。

  疾病休業日数率 病休件数年千人率
0.10 227
1.67 227
1.67 383
2.37 107
2.37 383

 

答え

      ⑶

解説

それぞれの計算式、計算結果は以下の通りです。

疾病休業日数率
=(疾病休業延べ日数 ÷ 在籍労働者の延べ所定労働日数) × 100
=(240 ÷ 14,400) × 100
1.67

病休件数年千人率
=(疾病休業件数 ÷ 在籍労働者数) × 1000
=(23 ÷ 60) × 1000
383

 

関連情報