読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

危険物・消防・毒物・衛生ナビ

危険物取扱者、消防設備士、毒物劇物取扱者、衛生管理者向けテキスト、問題を配信

衛生管理者 H28秋 問46

衛生管理者 過去問題 労働衛生(有害業務)

問題

作業環境における有害要因による健康障害に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

空気中の酸素濃度が15〜16%程度の酸素欠乏症では、一般に頭痛、吐き気などの症状がみられる。
金属熱は、鉄、アルミニウムなどの金属を溶融する作業などに長時間従事した際に、高温により体温調節機能が障害を受けたことにより発生する。
潜水業務における減圧症は、浮上による減圧に伴い、血液中に溶け込んでいた酸素が気泡となり、血管を閉塞したり組織を圧迫することにより発生する。
レイノー現象は、振動障害に特有の末梢神経障害で、夏期に発生しやすい。
凍瘡は、皮膚組織の凍結壊死を伴うしもやけのことで、0℃以下の寒冷にばく露することによって発生する。

 

答え

      ⑴

解説

⭕️ XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
✖️ XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
✖️ XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
✖️ XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
✖️ XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

 

関連情報