読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

危険物・消防・毒物・衛生ナビ

危険物取扱者、消防設備士、毒物劇物取扱者、衛生管理者向けテキスト、問題を配信

衛生管理者 H28秋 問20

衛生管理者 過去問題 労働衛生

問題

 健康診断における検査項目に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

尿酸は、体内のプリン体と呼ばれる物質の代謝物で、血液中の尿酸値が高くなる高尿酸血症は、関節の痛風発作などの原因となるほか、動脈硬化とも関連するとされている。
血清トリグリセライド(中性脂肪)は、食後に値が上昇する資質で、空腹時にも高値が持続することは動脈硬化の危険因子となる。
HDLコレステロールは、悪玉コレステロールとも呼ばれ、高値であることは動脈硬化の危険因子となる。
尿素窒素(BUN)は、腎臓から排泄される老廃物の一種で、腎臓の働きが低下すると尿中に排泄されず、血液中の値が高くなる。
γ-GTPは、正常な肝細胞に含まれている酵素で、肝細胞が障害を受けると血液中に流れ出し、特にアルコールの摂取で高値を示す特徴がある。

 

答え

      ⑶

解説

⭕️ XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
⭕️ XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
✖️ XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
⭕️ XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
⭕️ XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

 

関連情報