危険物取扱者ナビ

危険物取扱者、消防設備士、毒物劇物取扱者、衛生管理者向けテキスト、問題を配信

衛生管理者 H28秋 問9

問題

 労働基準法における労働時間等に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
 ただし、「労使協定」とは、「労働者の過半数で組織する労働組合(その労働組合がない場合は労働者の過半数を代表する者)と使用者との書面による協定」をいう。

1日8時間を超えて労働させることができるのは、時間外労働の労使協定を締結し、これを所轄労働基準監督署長に届け出た場合に限られている。
労働時間に関する規定の適用については、事業場を異にする場合は労働時間を通算しない。
所定労働時間が7時間30分である事業場において、延長する労働時間が1時間であるときは、少なくとも45分の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。
監視又は断続的労働に従事する労働者であって、所轄労働基準監督署長の許可を受けたものについては、労働時間、休憩及び休日に関する規定は適用されない。
フレックスタイム制の清算期間は、3か月以内の期間に限られる。

 

答え

      ⑷

解説

✖️ XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
✖️ XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
✖️ XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
⭕️ XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
✖️ XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

 

関連情報