読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

危険物取扱者ナビ

危険物取扱者、消防設備士、毒物劇物取扱者、衛生管理者向けテキスト、問題を配信

衛生管理者 H27春 問50

問題

 有害業務従事者に対する特殊健康診断に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

有害業務への配置替えの際に行う特殊健康診断には、業務適性の判断と、その後の業務の影響を調べるための基礎資料を得る目的がある。
有害物質による健康障害の多くは、諸検査の異常などの他覚的所見より、自覚症状が先に出現するため、特殊健康診断では問診の重要性が高い。
多くの有機溶剤は、生物学的半減期が短いので、有機溶剤等健康診断における尿中の代謝物の量の検査のための採尿の時刻は、厳重にチェックする必要がある。
振動工具取扱い作業者に対する特殊健康診断を1年に2回実施する場合、そのうち1回は冬季に行うとよい。
特殊健康診断における生物学的モニタリングによる検査は、有害物の体内摂取量や有害物による軽度の影響の程度を把握するための検査である。

 

答え

      ⑵

解説

⭕️  
✖️ 有害物質による健康障害の大部分のものは、他覚的所見が、自覚症状に先行して出現します。特殊健康診断では問診よりも諸検査に重きが置かれています。
⭕️  
⭕️  
⭕️  

 

関連情報