読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

危険物・消防・毒物・衛生ナビ

危険物取扱者、消防設備士、毒物劇物取扱者、衛生管理者向けテキスト、問題を配信

衛生管理者 H27春 問49

衛生管理者 過去問題 労働衛生(有害業務)

問題

 労働衛生保護具に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

防毒マスクの吸収缶の色は、一酸化炭素用は赤色で、有機ガス用は黒色である。
防じんマスクの手入れの際、ろ過材に付着した粉じんは圧縮空気で吹き飛ばすか、ろ過材を強くたたいて払い落として除去する。
ガス又は蒸気状の有害物質が粉じんと混在している作業環境中で防毒マスクを使用するときは、防じん機能を有する防毒マスクを選択する。
遮光保護具には、遮光度番号が定められており、溶接作業などの作業の種類に応じて適切な遮光度番号のものを使用する。
騒音作業における防音保護具として、耳覆い(イヤーマフ)と耳栓のどちらを選ぶかは、作業の性質や騒音の特性で決まるが、非常に強烈な騒音に対しては両者の併用も有効である。

 

答え

      ⑵

解説

⭕️  
✖️ 防じんマスクの手入れのは、水洗できるものは水洗し、できないものは湿らせた布などで粉じんをふき取ります。
⭕️  
⭕️  
⭕️  

 

関連情報