読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

危険物・消防・毒物・衛生ナビ

危険物取扱者、消防設備士、毒物劇物取扱者、衛生管理者向けテキスト、問題を配信

衛生管理者 H27春 問36

衛生管理者 過去問題 関係法令(有害業務)

問題

 屋内作業場において、第二種有機溶剤等を使用して常時洗浄作業を行う場合の措置として、法令上、誤っているものは次のうちどれか。ただし、有機溶剤中毒予防規則に定める適用除外及び設備の特例はないものとする。

作業場所に設けた局所排気装置について、外付け式フードの場合は0.4 m/sの制御風速を出し得る能力を有するものにする。
有機溶剤等の区分の色分けによる表示を黄色で行う。
作業場における空気中の有機溶剤の濃度を、6か月以内ごとに1回、定期に測定し、その測定結果等の記録を3年間保存する。
作業に常時従事する労働者に対し、6か月以内ごとに1回、定期に、特別の項目について医師による健康診断を行い、その結果に基づき作成した有機溶剤等健康診断個人票を5年間保存する。
作業場所に設けたプッシュプル型換気装置について、原則として、1年以内ごとに1回、定期に、自主検査を行い、その検査の結果等の記録を3年間保存する。

 

答え

      ⑴

解説

✖️ 外付け式フードの場合は、側方吸引型、下方吸引型で0.5 m/s、上方吸引型で1.0m/sの制御風速を出し得る能力を有するものにしなければなりません。
⭕️  
⭕️  
⭕️  
⭕️  

 

関連情報