読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

危険物・消防・毒物・衛生ナビ

危険物取扱者、消防設備士、毒物劇物取扱者、衛生管理者向けテキスト、問題を配信

衛生管理者 H27春 問27

衛生管理者 過去問題 労働生理

問題

 視覚に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

眼は、周りの明るさによって瞳孔の大きさが変化して眼に入る光量が調節され、暗い場合には瞳孔が広がる。
眼は、硝子体の厚さを変えることにより焦点距離を調節して網膜の上に像を結ぶようにしている。
角膜が歪んでいたり、表面に凹凸があるために、眼軸などに異常がなくても、物体の像が網膜上に正しく結ばないものを乱視という。
網膜には、明るい所で働き色を感じる錐状体と、暗い所で働き弱い光を感じる杆状体の2種類の視細胞がある。
明るい所から急に暗い所に入ると、初めは見えにくいが暗順応によって徐々に見えるようになる。

 

答え

      ⑵

解説

⭕️  
✖️ 眼の瞳孔の奥には水晶体があり、その厚さを変えることで焦点距離を調節して網膜の上に像を結ぶようにしています。
⭕️  
⭕️  
⭕️  

 

関連情報