読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

危険物・消防・毒物・衛生ナビ

危険物取扱者、消防設備士、毒物劇物取扱者、衛生管理者向けテキスト、問題を配信

衛生管理者 H27春 問26

衛生管理者 過去問題 労働生理

問題

 血液に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

血液は、血漿と有形成分から成り、有形成分は赤血球、白血球及び血小板から成る。
赤血球の寿命は約120日であり、白血球に比べて長い。
血小板は、核を持たない不定形の細胞で、血液凝固作用に関与している。
血液の容積対する血小板の相対的容積をヘマトクリットという。
血液の凝固は、血漿中のフイブリノーゲン(線維素原)がフィブリン(線維素)に変化する現象である。

 

答え

      ⑷

解説

⭕️  
⭕️  
⭕️  
✖️ 血液の容積対する赤血球の相対的容積をヘマトクリットといいます。
⭕️  

 

関連情報