読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

危険物・消防・毒物・衛生ナビ

危険物取扱者、消防設備士、毒物劇物取扱者、衛生管理者向けテキスト、問題を配信

衛生管理者 H27春 問7

問題

 雇入れ時の安全衛生教育に関する次の記述のうち、法令上、誤っているものはどれか。

常時使用する労働者数が10人未満の事業場であっても、教育を行わなければならない。
3か月以内の期間を定めて雇用するパートタイム労働者についても、教育を行わなければならない。
教育事項の全部又は一部に関し十分な知識及び技能を有していると認められる労働者については、当該事項についての教育を省略することができる。
旅館業の事業場においては、教育事項のうち、「作業手順に関すること」については省略することができる。
警備業の事業場においては、教育事項のうち、「作業開始時の点検に関すること」については省略することができる。

 

答え

      ⑷

解説

⭕️  
⭕️  
⭕️  
✖️ 危険有害性の高い業種では、雇入れ時の安全衛生教育の項目を、原則として省略することはできません。そのため、旅館業の事業場においては、作業手順に関することを省略することができません。
⭕️  

 

関連情報