読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

危険物取扱者ナビ

危険物取扱者、消防設備士、毒物劇物取扱者、衛生管理者向けテキスト、問題を配信

衛生管理者 H27秋 問43

問題

 有害物質を発散する屋内作業場の作業環境改善に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

粉じんを発散する作業工程では、密閉化や湿式化を局所排気装置などの設置に優先して検討する。
局所排気装置を設ける場合、ダクトが太すぎると搬送速度が不足し、細すぎると圧力損失が増大することを考慮して、ダクト径を定める。
局所排気装置に設ける空気清浄装置は、原則として、ダクトに接続された排風機を通過した後の空気が通る位置に設置する。
有害物質を取り扱う装置を構造上又は作業上の理由で完全に密閉できない場合は、装置内の圧力を外気圧よりわずかに低くする。
局所排気装置を設置する場合は、給気量が不足すると排気効果が低下するので、排気量に見合った給気経路を確保する。

 

答え

      ⑶

解説

⭕️  
⭕️  
✖️ 局所排気装置に設ける空気清浄装置は、排風機よりも前の位置に設置します。
⭕️  
⭕️  

 

関連情報