危険物取扱者ナビ

危険物取扱者、消防設備士、毒物劇物取扱者、衛生管理者向けテキスト、問題を配信

衛生管理者 H27秋 問42

問題

 粉じん(ヒュームを含む。)による健康障害に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

じん肺は、粉じんを吸入することによって肺に生じた線維増殖性変化を主体とする疾病である。
鉱物性粉じんに含まれる遊離けい酸(SiO2)は、石灰化を伴う胸膜肥厚や胸膜中皮腫を生じさせるという特徴がある。
じん肺は、肺結核のほか、続発性気管支炎、続発性気胸、原発性肺がんなどを合併することがある。
溶接工肺は、溶接に際して発生する酸化鉄ヒュームのばく露によって発症するじん肺である。
炭素を含む粉じんもじん肺を起こすことがある。

 

答え

      ⑵

解説

⭕️  
✖️ 遊離けい酸(SiO2)を吸入することにより、けい肺を起こし、胸部にけい肺結節という線維性の結節が形成されます。
⭕️  
⭕️  
⭕️  

 

関連情報