危険物取扱者ナビ

危険物取扱者、消防設備士、毒物劇物取扱者、衛生管理者向けテキスト、問題を配信

衛生管理者 H27秋 問28

問題

 筋肉に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

筋肉の縮む速さが速ければ速いほど、仕事の効率は大きい。
筋肉は神経からの刺激によって収縮するが、神経より疲労しにくい。
荷物を持ち上げたり、屈伸運動を行うときは、筋肉が長さを変えずに外力に抵抗して筋力を発生させる等尺性収縮が生じている。
強い力を必要とする運動を続けていても、筋肉を構成する個々の筋線維の太さは変わらないが、その数が増えることによって筋肉が太くなり筋力が増強する。
刺激に対して意識とは無関係に起こる定型的な反応を反射といい、最も単純な反射には、膝蓋腱反射などの伸張反射がある。

 

答え

      ⑸

解説

✖️ 筋肉の縮む速さが適当なときに、仕事の効率は大きくなります。
✖️ 筋肉は神経から送られてくる刺激によって収縮しますが、神経に比べて疲労しやすいです。
✖️ 荷物を持ち上げたり屈伸運動をするとき、関節運動に関与する筋肉には、等張性収縮が生じています。
✖️ 強い力を必要とする運動を続けていると、1本1本の筋線維が太くなるので、筋力が増加しますが、筋線維の数は変わりません。
⭕️  

 

関連情報