読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

危険物・消防・毒物・衛生ナビ

危険物取扱者、消防設備士、毒物劇物取扱者、衛生管理者向けテキスト、問題を配信

衛生管理者 H27秋 問11

問題

 一般の事務室における換気に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

人間の呼気の成分の中で、酸素の濃度は約16%、二酸化炭素の濃度は約4%である。
新鮮外気中の酸素濃度は、約21%、二酸化炭素濃度は、0.03~0.04%程度である。
室内の空気の清浄度を保つために入れ替える必要のある空気の量を必要換気量といい、通常、1時間に交換される空気量で表す。
室における必要換気量(m3/h)は、次の式により算出される。
{ \frac{室内にいる人が1時間に呼出する二酸化炭素量(m^3/h)}{室内二酸化炭素基準濃度(%)-外気の二酸化炭素濃度(%)} × 100}
必要換気量の算出に当たっての室内二酸化炭素基準濃度は、通常、1%とする。

 

答え

      ⑸

解説

⭕️  
⭕️  
⭕️  
⭕️  
✖️ 通常、室内二酸化炭素基準濃度は、0.1%とします。

 

関連情報