読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

危険物・消防・毒物・衛生ナビ

危険物取扱者、消防設備士、毒物劇物取扱者、衛生管理者向けテキスト、問題を配信

衛生管理者 H27秋 問3

衛生管理者 過去問題 関係法令

問題

 衛生委員会に関する次の記述のうち、法令上、正しいものはどれか。

衛生委員会は、工業的業種の事業場では常時50人以上、非工業的業種の事業場では常時80人以上の労働者を使用する事業場において設置しなければならない。
衛生委員会及び安全委員会の設置に代えて安全衛生委員会を設置することはできない。
事業場で選任している衛生管理者は、すべて衛生委員会の委員としなければならない。
衛生委員会の議長となる委員は、原則として、衛生管理者のうちから事業者が指名した者である。
衛生委員会の委員として指名する産業医は、その事業場に専属の者でなくてもよい。

 

答え

      ⑸

解説

✖️ 労働者の人数が常時50人以上である事業場は衛生委員会を設置しなければならず、業種は関係ありません。
✖️ 安全委員会と衛生委員会を兼ねて、安全衛生委員会として設けることは可能です。
✖️ 衛生管理者のうちから事業者が指名した者が、衛生委員会の委員となります。すべての衛生管理者が衛生委員会になるわけではありません。
✖️ 原則として、衛生委員会の議長には、総括安全衛生管理者がなります。
⭕️  

 

関連情報