読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

危険物取扱者ナビ

危険物取扱者、消防設備士、毒物劇物取扱者、衛生管理者向けテキスト、問題を配信

危険物の分類

テキスト

危険物の分類

危険物に関する法令内(a.危険物の定義)で紹介した通り、危険物は下表の6種類に分類されています。
*固体または液体のみであり、気体は含まれません。

種別 性質 状態
第1類 酸化性固体 固体
第2類 可燃性固体 固体
第3類 自然発火性物質および禁水性物質 固体または液体
第4類 引火性液体 液体
第5類 自己反応性物質 固体または液体
第6類 酸化性液体 液体

類ごとの性質

第1類危険物
  • 他の物質を酸化させる。(酸化性物質)
  • 物質そのものは燃焼しない。(不燃性)
  • 加熱すると分解して酸素を放出する。
第2類危険物
  • 比較的低温で引火しやすい。
  • 酸化されやすい。(還元性物質)
  • 物質そのものが燃焼する。(可燃性)
第3類危険物
  • 空気にさらされると自然発火する場合がある。
  • XXX
  • XXX
第4類危険物
  • XXX
  • XXX
  • XXX
第5類危険物
  • XXX
  • XXX
  • XXX
第6類危険物
  • XXX
  • XXX
  • XXX

 

⭕️✖️確認問題

  1. XXX
  2. XXX
  3. XXX
  4. XXX
  5. XXX
  6. XXX
  7. XXX
  8. XXX
  9. XXX
  10. XXX

解答

  1. ⭕️✖️ XXX
  2. ⭕️✖️ XXX
  3. ⭕️✖️ XXX
  4. ⭕️✖️ XXX
  5. ⭕️✖️ XXX
  6. ⭕️✖️ XXX
  7. ⭕️✖️ XXX
  8. ⭕️✖️ XXX
  9. ⭕️✖️ XXX
  10. ⭕️✖️ XXX

 

過去問題