読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

危険物取扱者ナビ

危険物取扱者、消防設備士、毒物劇物取扱者、衛生管理者向けテキスト、問題を配信

指定数量・倍数

テキスト

危険物の指定数量

 危険物の貯蔵または取扱が消防法による規制を受けるかどうかの基準として、指定数量があります。指定数量は、危険物ごとにその危険性などを考慮して定められています。

第4類危険物の指定数量
品名 性質 主な物品 指定数量 危険性
特殊引火物 ジエチルエーテル 50ℓ



⬆︎

⬆︎

⬆︎

第1石油類 非水溶性 ガソリン 200ℓ
水溶性 アセトン 400ℓ
アルコール類 メチルアルコール 400ℓ
第2石油類 非水溶性 灯油、軽油 1,000ℓ
水溶性 酢酸 2,000ℓ
第3石油類 非水溶性 重油 2,000ℓ
水溶性 グリセリン 4,000ℓ
第4石油類 ギヤー油 6,000ℓ
動植物油類 アマニ油 10,000ℓ

同一品内で、水溶性のものは非水溶性の2倍になっています。これは、非水溶性の方が危険であることを示しています。

指定数量の倍数

 貯蔵または取り扱っている危険物の数量が、指定数量の何倍に相当するかを表す数を、指定数量の倍数といいます。倍数は、危険物の種類数によって、以下の通り計算されます。

 この倍数が1以上になる場合に、指定数量以上の危険物の貯蔵または取扱いをしているものとみなされます。

危険物が1種類の場合

貯蔵または取り扱っている危険物の数量を、その指定数量で割って求めます。

貯蔵(取扱)数量 ÷ 指定数量

危険物が複数の場合

種類毎の指定数量の倍数を算出し、その合計を求めます。
例えば、同一の場所で危険物A、B、Cを貯蔵している場合は、以下の式になります。

Aの貯蔵(取扱)数量 ÷ Aの指定数量 +
Bの貯蔵(取扱)数量 ÷ Bの指定数量 +
Cの貯蔵(取扱)数量 ÷ Cの指定数量

 

⭕️✖️確認問題

  1. XXX
  2. XXX
  3. XXX
  4. XXX
  5. XXX
  6. XXX
  7. XXX
  8. XXX
  9. XXX
  10. XXX

解答

  1. ⭕️✖️ XXX
  2. ⭕️✖️ XXX
  3. ⭕️✖️ XXX
  4. ⭕️✖️ XXX
  5. ⭕️✖️ XXX
  6. ⭕️✖️ XXX
  7. ⭕️✖️ XXX
  8. ⭕️✖️ XXX
  9. ⭕️✖️ XXX
  10. ⭕️✖️ XXX

 

過去問題