危険物取扱者ナビ

危険物取扱者、消防設備士、毒物劇物取扱者、衛生管理者向けテキスト、問題を配信

燃焼範囲・引火・発火 過去問題⑦

問題

次の実験結果について、正しいものはどれか。

「空気中である化合物を-50℃から徐々に温めていくと、-42℃のとき液体になり始めた。そのまま温め続け、液温が常温(20℃)まで上がったとき、液面付近の蒸気濃度を測定すると1.8vol%であった。更に加熱を続けたところ、液温は115℃で一定となり、すべて気化してしまった。また、液温20℃のものを別容器にとり、液面付近に火花を飛ばすと激しく燃えだした。」

この物質の発火点は20℃である。
この物質の沸点は115℃である。
この物質の分解温度は-42℃である。
この物質の燃焼範囲は0〜1.8vol%である。
この物質の融点は-50℃である。

 

答え

       2

解説

1 ⭕️✖️  
2 ⭕️✖️  
3 ⭕️✖️  
4 ⭕️✖️  
5 ⭕️✖️  

 

テキスト