読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

危険物取扱者ナビ

危険物取扱者、消防設備士、毒物劇物取扱者、衛生管理者向けテキスト、問題を配信

乙種

ハロゲン間化合物 過去問題③

問題 三フッ化臭素の貯蔵、取扱いに関する次のA〜Dについて、正誤の組合せとして、正しいものはどれか。 木材、紙等との接触を避ける。 直射日光を避け、冷暗所に貯蔵する。 金属容器を避け、ガラス容器で貯蔵する。 危険性を低減するため、ヘキサン等の炭化…

ハロゲン間化合物 過去問題②

問題 ハロゲン間化合物の一般的な性状等として、次のうち誤っているものはどれか。 水と接触すると分解する。 フッ素を含むものの多くは無色である。 多くは不安定であるが、爆発はしない。 還元力があり、多くの金属酸化物または非金属酸化物を還元する。 2…

ハロゲン間化合物 過去問題①

問題 ハロゲン間化合物の性状について、次のうち誤っているものはどれか。 揮発性である。 加熱すると、酸素を発生する。 多くの金属や非金属を酸化する。 一般にハロゲンの単体に似た性質を有する。 フッ素原子を多数含むものは、特に反応性が強い。 // 答…

硝酸 過去問題④

問題 90%硝酸水溶液の貯蔵、取扱いについて、次のうち適切なものはどれか。 木製台上で取り扱う。 保管用棚に鉄板を敷く。 透明なガラス容器に保存する。 アルミニウム製容器で屋内貯蔵所に密閉保存する。 容器の下に発砲スチロール製の緩衝材を敷く。 // 答…

硝酸 過去問題③

問題 硝酸の流出事故における処理方法について、次のうち適切でないものはどれか。 ソーダ灰で中和する。 大量の水で希釈する。 ぼろ布に染み込ませる。 乾燥砂で覆い、吸い取る。 強化液消化剤(主成分:K2CO3水溶液)を放射して水で希釈する。 // 答え 3 …

硝酸 過去問題②

問題 硝酸の貯蔵、取扱いについて、次のうち誤っているものはどれか。 日光の直射を避けて貯蔵する。 還元性物質との接触を避けて貯蔵する。 分解を促す物質との接近を避けて貯蔵する。 毒性が非常に強いので、蒸気を吸わないようにする。 水と接触すると可…

硝酸 過去問題①

問題 硝酸の性状等について、次のうち誤っているものはどれか。 発煙硝酸は濃硝酸より酸化力が弱い。 鉄やアルミニウムは、濃硝酸中では不動態となるため溶けない。 強い酸化力を持ち、硝酸の90%水溶液は第六類の危険物の試験に用いられる。 濃硝酸と濃塩酸…

過酸化水素 過去問題③

問題 過酸化水素の貯蔵および取扱い方法について、次のA〜Eのうち適切なものはいくつあるか。 通風のよい乾燥した冷暗所に貯蔵する。 濃度にかかわらず、容器に密封して貯蔵する。 アンモニアと接触しないように取り扱う。 可燃性物質と接触しないように取り…

過酸化水素 過去問題②

問題 過酸化水素の性状等について、次のうち正しいものはどれか。 赤褐色の蒸気を発生する。 水とどんな割合にも溶け合う。 常温(20℃)では分解しない。 消毒に用いられるのは、通常90〜98%の濃度のものである。 廃棄する場合は、屋外の安全な場所で焼却す…

過酸化水素 過去問題①

問題 過酸化水素の性状等について、次のうち誤っているものはどれか。 高濃度のものは油状の液体である。 リン酸や尿酸の添加により、分解が抑制される。 有害であり、消毒殺菌剤として用いられることがある。 水と混合すると、上層に過酸化水素、下層に水の…

過塩素酸 過去問題③

問題 過塩素酸と接触すると発火または爆発の危険性のあるものとして、次のうち誤っているものはどれか。 紙 木片 希硫酸 アミン類 二硫化炭素 // 答え 3 解説 1 ⭕️ 2 ⭕️ 3 ✖️ 4 ⭕️ 5 ⭕️ // テキスト

過塩素酸 過去問題②

問題 過塩素酸の性状について、次のうち誤っているものはどれか。 強い酸化力をもつ。 鉄、銅、亜鉛と激しく反応する。 加水分解を起こし、発火するおそれがある。 可燃物との混合物は、発火するおそれがある。 加熱すると分解し、腐食性のヒュームを生じる…

過塩素酸 過去問題①

問題 過塩素酸の性状について、次のうち正しいものはどれか。 赤褐色で刺激臭のある液体である。 空気中で塩化水素を発生して、褐色に発煙する。 不燃性であるが、加熱すると爆発することがある。 化学反応性が極めて強く、ガラスや陶磁器なども腐食する。 …

第6類危険物の消火 過去問題④

問題 ハロゲン間化合物に関わる火災の消火方法について、次のうち最も適切なものはどれか。 霧状の水を放射する。 強化液消化剤を放射する。 ハロゲン化物消化剤を放射する。 水溶性液体用泡消化剤を放射する。 膨張ひる石(バーミキュライト)で覆う。 // …

第6類危険物の消火 過去問題③

問題 過塩素酸に関わる火災の初期消火の方法について、次のA〜Eのうち適切なものの組合せはどれか。 二酸化炭素消化剤で消火する。 水で消火する。 粉末消化剤(炭酸水素塩類を使用するもの)で消火する。 泡消火剤で消火する。 ハロゲン化物消化剤で消火す…

第6類危険物の消火 過去問題②

問題 過塩素酸に関わる火災の消火方法について、次のうち不適切なものはどれか。 泡消化剤による消火方法 二酸化炭素による消火方法 大量の水噴霧による消火方法 大量の水(棒状)による消火方法 粉末消化剤(リン酸塩類を使用するもの)による消火方法 // …

第6類危険物の消火 過去問題①

問題 過塩素酸、過酸化水素および硝酸に関わる火災に共通する消火方法として、一般に不適切とされているものは、次のA〜Eのうちいくつあるか。 乾燥砂で覆う。 霧状の水を放射する。 二酸化炭素消化剤を放射する。 ハロゲン化物消化剤を放射する。 霧状の強…

第6類危険物の貯蔵・取り扱い 過去問題①

問題 第6類の危険物(ハロゲン間化合物を除く。)の貯蔵にて、次のうち適切でないものはどれか。 容器にガラス製のものを用いた。 容器を排水設備を施した木製の台上に置いた。 火災の備えて、消火バケツ、貯水槽を設けた。 貯蔵場所に、常に大量の水を使用…

第6類危険物の性状 過去問題③

問題 第6類の危険物の性状について、次のうち誤っているものはどれか。 いずれも強い酸化性の液体である。 分子中に酸素を含まないものがある。 加熱すると、分解して爆発するものがある。 水と接触すると、いずれも激しく発熱する。 加熱すると、刺激性の有…

第6類危険物の性状 過去問題②

問題 第6類の危険物の性状について、次のうち正しいものはどれか。 液体の有機化合物である。 還元剤とはよく反応する。 一般に熱に対しては安定である。 水を加えると発熱し、可燃性ガスを発生する。 分子内に含む酸素により、他の可燃物の燃焼を促進する。…

第6類危険物の性状 過去問題①

問題 第6類の危険物の性状について、次のうち誤っているものはどれか。 不燃性である。 強い酸化性を示す。 摩擦、衝撃に敏感で分解しやすい。 腐食性があり、蒸気は有毒である。 有機物を混ぜると発火するおそれがある。 // 答え 3 解説 1 ⭕️ 2 ⭕️ 3 ✖️ 4 ⭕…

ヒドラジンの誘導体等 過去問題③

問題 アジ化ナトリウムの性状について、次のうち誤っているものはどれか。 水によく溶ける。 無色(白色)の結晶である。 酸と反応して、有毒で爆発性のアジ化水素を発生する。 空気中で急激に加熱すると激しく分解し、爆発することがある。 アルカリ金属と…

ヒドラジンの誘導体等 過去問題②

問題 ヒドロキシルアミンの貯蔵および取扱方法について、次のA〜Eのうち適切でないものの組合せはどれか。 二酸化炭素と共存させない。 乾燥した冷所に密封して保存する。 設備や容器は金属(鉄、銅)製とする。 裸火、火花、高温面と接触させない。 安定さ…

ヒドラジンの誘導体等 過去問題①

問題 硫酸ヒドラジンの一般的性質で、次のうち誤っているものはどれか。 温水に溶ける。 還元性が強い。 アルコールに溶ける。 無色または白色の結晶である。 直接触れると皮膚を刺激する。 // 答え 3 解説 1 ⭕️ 2 ⭕️ 3 ✖️ 硫酸ヒドラジンはアルコールには溶…

アゾ・ジアゾ化合物 過去問題②

問題 ジアゾジニトロフェノールの性状について、次のうち正しいものはどれか。 黒色の不定形粉末である。 アセトンにほとんど溶けない。 燃焼現象は爆ごうを起こしやすい。 水によく溶けるので、通常は水溶液として貯蔵する。 空気中の酸素を不燃性ガスで置…

アゾ・ジアゾ化合物 過去問題①

問題 次に掲げる危険物のうち、加熱すると有毒なシアン化水素(青酸ガス)を発生する可燃性のあるものはどれか。 ヒドロキシルアミン アジ化ナトリウム アゾビスイソブチロニトリル 過酸化ベンゾイル 硫酸ヒドラジン // 答え 3 解説 1 ✖️ 2 ✖️ 3 ⭕️ 4 ✖️ 5 ✖…

ニトロ・ニトロソ化合物 過去問題④

問題 天然ゴムや合成ゴムなどの起泡剤として用いられるジニトロソペンタメチレンテトラミンの性状について、次のうち誤っているものはどれか。 水、ベンゼンにわずかに溶ける。 酸性溶液中で安定する。 衝撃または摩擦によっても爆発することがある。 淡黄色…

ニトロ・ニトロソ化合物 過去問題③

問題 トリニトロトルエンの性状について、次のうち誤っているものはどれか。 衝撃を加えると爆発する。 水より重い。 金属と作用して爆発性の金属塩を作る。 アセトン、ベンゼンなどに溶ける。 淡黄色または無色の結晶である。 // 答え 3 解説 1 ⭕️ 2 ⭕️ 3 ✖…

ニトロ・ニトロソ化合物 過去問題②

問題 ピクリン酸の貯蔵、取扱いについて、次のうち誤っているものはどれか。 衝撃、摩擦、振動を避ける。 金属製の容器に保存する。 加熱により爆発するので留意する。 取り扱う機器や設備は防爆型のものを用いる。 安定化させるため水で湿性にする。 // 答…

ニトロ・ニトロソ化合物 過去問題①

問題 ピクリン酸の性状について、次のうち正しいものはどれか。 乾燥することにより、危険性が小さくなる。 ゆっくり加熱すると昇華するが、急熱すると爆発する。 金属塩となったものは爆発しない。 冷水によく溶け、ジエチルエーテル、ベンゼンには溶けない…

硝酸エステル類 過去問題②

問題 セルロイドの貯蔵にあたり、自然発火を防止するための措置として、次のうち最も適切なものはどれか。 熱風を送って乾燥させた室内に置く。 通風がよく、湿気のない、温度の低い暗所に置く。 通風、換気のない密栓された暗所に置く。 密栓して暗所に置く…

硝酸エステル類 過去問題③

問題 ニトロセルロースは、自然発火を防止するため、通常何で湿らせて貯蔵するか。 灯油 希塩酸 酢酸エチル アセトン アルコール // 答え 5 解説 ニトロセルロースは、自然分解を抑えるため、水やアルコールを含ませ、湿綿状態で貯蔵します。 // テキスト

硝酸エステル類 過去問題①

問題 硝酸エチルの性状について、次のうち正しいものはどれか。 沸点は水より低い。 水より軽い。 悪臭を有し、苦味がある。 蒸気は空気より軽い。 水溶液は強い酸性を示す。 // 答え 1 解説 1 ⭕️ 2 ✖️ 3 ✖️ 4 ✖️ 5 ✖️ // テキスト

有機過酸化物 過去問題②

問題 メチルエチルケトンパーオキサイド(市販品)の貯蔵および取り扱いについて、次のA〜Eのうち適切でないものはいくつあるか。 直射日光を避け、冷暗所に貯蔵する。 容器に密栓して貯蔵する。 水と接触すると分解するので、水と接触させない。 酸化鉄、ぼ…

有機過酸化物 過去問題①

問題 第5類の有機過酸化物の性状について、次のA〜Eのうち正しいものはいくつあるか。 衝撃、摩擦等に対して極めて安定である。 熱、光あるいは還元性物質により容易に分解し、遊離ラジカルを発生する。 過酸化水素の1個または2個の水素原子を、金属で置換し…

第5類危険物の消火 過去問題③

問題 可燃材で50wt%に希釈された過酸化ベンゾイルに関わる火災の初期消火の方法について、次のA〜Eのうち適切でないものの組合せはどれか。 二酸化炭素消火器で消火する。 強化液消化剤(棒状)で消火する。 水(噴霧状)で消火する。 泡消化剤で消火する。 …

第5類危険物の消火 過去問題②

問題 アジ化ナトリウムの火災及び消火について、次のうち誤っているものはどれか。 火災時には、刺激性の白煙を多量に発生する。 火災時には、熱分解によりナトリウムが生成することがある。 消火には水を使用する。 消火には、ハロゲン化物を放射する消火器…

第5類危険物の消火 過去問題①

問題 第5類の危険物の火災の消火について、危険物の性状に照らして、水を用いることが適切でない物質は次のうちはどれか。 過酸化ベンゾイル アジ化ナトリウム アゾビスイソブチロにトリル 硫酸ヒドラジン トリニトロトルエン // 答え 2 解説 1 ⭕️ 2 ✖️ 3 ⭕️…

第5類危険物の貯蔵・取り扱い 過去問題①

問題 第5類の危険物の貯蔵、取扱いについて、次のうち適切でないものはどれか。 類を異にする危険物や危険物以外の物品を接近して貯蔵しない。 通風、換気がよく直射日光を受けない冷暗所に貯蔵する。 関係者以外の者が出入りしないように管理する。 物品の…

第5類危険物の性状 過去問題①

問題 第5類の危険物に共通する性能について、次のうち正しいものはどれか。 水に溶けない。 引火性がある。 分子内に酸素と窒素を含有している。 燃焼または加熱分解が早い。 金属と反応して分解し、自然発火する。 // 答え 4 解説 1 ✖️ 2 ✖️ 3 ✖️ 4 ⭕️ 5 ✖️…

カルシウムまたはアルミニウムの炭化物等 過去問題③

問題 トリクロロシランの性状について、次の文の下線部分(A)〜(D)のうち、誤っている箇所を掲げている組合せはどれか。 「トリクロロシランは、常温(20℃)において、(A)黄褐色の(B)液体で、引火点は常温(20℃)より(C)高い。また、(D)水と反応して、塩化水…

カルシウムまたはアルミニウムの炭化物等 過去問題②

問題 炭化カルシウムの性状について、次のうち誤っているものはどれか。 比重は1より大きい。 融点は1,000℃より高い。 水と接触すると発熱する。 水と反応して生石灰と水素を生成する。 純粋なものは白色の固体である。 // 答え 4 解説 1 ⭕️ 2 ⭕️ 3 ⭕️ 4 ✖️ …

カルシウムまたはアルミニウムの炭化物等 過去問題①

問題 炭化カルシウムの性状について、次のうち誤っているものはどれか。 貯蔵容器は密封する。 水と反応すると発熱する。 それ自体は不燃性である。 純粋なものは白色であるが、一般には灰黒色の固体である。 水と反応して発生する可燃性気体は、空気より重…

金属のリン化物 過去問題③

問題 リン化カルシウムの性状について、次のうち誤っているものはどれか。 比重は1より大きい。 強酸化剤と激しく反応する。 常温(20℃)の乾燥空気中では安定である。 暗赤色の結晶性粉末または灰色の塊状物である。 水と激しく反応し、可燃性のアセチレン…

金属のリン化物 過去問題②

問題 リン化カルシウムの性状について、次のうち誤っているものはどれか。 水よりも重い。 暗赤色の結晶である。 水と反応して、可燃性の気体が発生する。 乾燥した空気中で、自然発火する。 火災の際に、有毒なリン酸化物が生じる。 // 答え 4 解説 1 ⭕️ 2 …

金属のリン化物 過去問題①

問題 第3類の危険物の貯蔵方法として、次のうち誤っているものはどれか。 カリウムは、なるべく小分けして貯蔵する。 ナトリウムは、保護液中に貯蔵する。 炭化カルシウムは、金属製ドラムに入れて貯蔵してもよい。 ジエチル亜鉛は、容器に不活性ガスを封入…

有機金属化合物・金属の水素化物 過去問題③

問題 水素化リチウムの性状について、次のうち誤っているものはどれか。 粘性のある液体である。 水と反応して水素を発生する。 常温(20℃)では塩素や酸素とは反応しない。 還元剤として利用される。 乾燥空気中では安定である。 // 答え 1 解説 1 ✖️ 2 ⭕️ …

有機金属化合物・金属の水素化物 過去問題②

問題 水素化リチウムの性状について、次のうち誤っているものはどれか。 有機溶媒に溶けない。 比重は水よりも大きい 結晶性の固体である。 水と反応して水素を発生する。 強い還元性を有する。 // 答え 2 解説 1 ⭕️ 2 ✖️ 3 ⭕️ 4 ⭕️ 5 ⭕️ // テキスト

有機金属化合物・金属の水素化物 過去問題①

問題 ジエチル亜鉛の性状について、次のうち誤っているものはどれか。 比重は1より大きい。 水と激しく反応する。 ジエチルエーテルやベンゼンに溶ける。 空気中で自然発火する。 無色または白色の結晶である。 // 答え 5 解説 1 ⭕️ 2 ⭕️ 3 ⭕️ 4 ⭕️ 5 ✖️ // …

アルカリ金属・アルカリ土類金属 過去問題②

問題 リチウムの性状について、次のうち誤っているものはどれか。 空気に接触しても反応しない。 常温(20℃)で水と反応し、水素を発生する。 深紅(深赤)色の炎を出して燃える。 銀白色の柔らかい金属である。 カリウムやナトリウムより比重が小さい。 // …